Callculate frame time for HDMI

HDMI TMDS Link Symbol Clock Period Time = Vclk Period Time / (bpc/8)

bpc : bit per component
2017-02-13 : Work-Product-Spec : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Callculate frame time for DP

DP Frame Time = X * Y * P * B * C / L

X = number of pixels per line
Y = number of lines per frame
P = bits per pixel
B = number of encoded(8b/10b) bits per pixel
C = clock period time
L = lane number

From this value, video clk period time can be calculated as follows.

Vclk Period Time = DP Frame Time / X * Y
2017-02-09 : Work-Product-Spec : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Note DP Control Symbols


K-code Single-stream Multi-stream
K28d0 0x11c SR(Scrambler Reset) GP1 index 2
K28d1 0x13c CP(Content Protection) GP2 rsvd
K28d2 0x15c SS(SDP Start) GP1 index 3
K28d3 0x17c BF GP1 index 4
K28d4 0x19c rsvd GP2 rsvd
K28d5 0x1bc BS(Blanking Start) GP2 SR
K28d6 0x1dc rsvd GP1 index 5
K28d7 0x1fc rsvd GP2 rsvd
K23d7 0x1f7 FE(Fill End) GP1 index 0
K27d7 0x1fb BE(Blanking End) GP1 index 1
K29d7 0x1fd SE(SDP End) GP1 index 6
K30d7 0x1fe FS(Fill Start) GP1 index 7

2017-01-25 : Work-Product-Spec : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Let's grasp video timing calculation for HDMI

H Total = H Blank + H Active
H Blank = H Front + H Sync + H Back

V Total = V Blank + V Active
V Blank = V Front + V Sync + V Back

reference:
https://etmriwi.home.xs4all.nl/forum/hdmi_spec1.4a_3dextraction.pdf
P.11
2016-11-16 : Work-Product-Spec : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

SWDはJTAGより必要ピン数が少ない

JTAG(ジェイタグ)とは、1980年ごろに策定されたプリント基板検査のための規格です。

それとは別に、ARM社は独自にSWDという規格を定めました。SWDではバウンダリスキャンなどのJTAG本来の動作はできず、Cortexの中のデバッグ回路のレジスタに対して「32bitの値を書く」「32bitの値を読む」ということだけに特化した、独自のプロトコルになっています。

SWDでは、5ピンのJTAGポートの代わりに、クロックピンと1本の双方向データピンを使用し、合計2ピンで制御可能です。

SWDとJTAGを両方使えるようにしたものがSDJになります。

参照:
http://rx.tokudenkairo.co.jp/cmsisdap/jtagswd.html
http://infocenter.arm.com/help/topic/com.arm.doc.ddi0314h/DDI0314H_coresight_components_trm.pdf
2016-06-07 : Work-Product-Spec : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

usb3.1 の Polling.Active/Configulation/Idle で Gen2 Handshake failuar が起きると Polling.PortMatch まで戻る

usb3.0 対応デバイスのみ最初から Gen1 になり、Polling.LFPSPlus が "60us timeout" となって、Polling.PortMatch/PortConfig を飛ばして、Polling.RxEQに行きます。

usb3.1 対応デバイスについてはPHY Capability LBPM の最初は Gen2 になり、"Gen2 Handshake failure" が起きると Gen1 になります。
2016-05-31 : Work-Product-Spec : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター