金融商品として投資型終身保険と貯蓄型医療保険を検討しよう

アクティブな運用と比べると非常に地味ですが、不慮の際のリスクヘッジも考慮すると、無難な選択なのかもしれません。

終身保険は一括購入できますが、医療保険はできず、利息も無いので、所得税控除分のみの利益になります。

契約満期時に終身保険は100%+α、医療保険は100%(特約無し)で払い戻しがあるようにしておきます。

ただ医療保険は払い戻し上限を超えて使う確率がどこまであるかという事と、実際に必要になる時期の前に満期を迎える事を考えると、その分終身保険で運用した方がいいとも言えます。

参照:
http://hoken-kyokasho.com/tuitate-hoken
http://matsunosuke.jp/choice-of-medical-insurance/
2016-09-01 : Home-Money-Investing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

SoftbankのARM買収の内容を把握しておこう

アローラの時の株式売却益による資金と、EU離脱による円高ポンド安で、ここが絶好のタイミング(今日の時点で約140ポンド/円)だと踏んだのでしょうか。

ARMの2015年の売上は約1400億円、純利益率は驚異の35%で約490億円です。

それに対し、買収額は3兆3000億円です。これは時価総額に約43%のプレミアムを乗せた価格です。

PERは67で、普通の投資の感覚、例えばNYダウの平均PERである17からすると、たとえこれだけの超優良企業とはいえ、非常に割高な感がありますが。

参照:
http://tyn-imarket.com/pdf/2016/7/18/140120160718452496.pdf
2016-07-19 : Home-Money-Investing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

決算短信と有価証券報告書のリリース時期を知っておこう

4月決算ならおよそ決算短信は5/M、有価証券報告書は6/Eです。
2016-05-25 : Home-Money-Investing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

所得税控除を考慮すると個人年金の利率は悪くない

基本的に年末調整の控除はシンプルイズベストですが、運用の手段としてこういう考えもある、というのは知っておきましょう。

その場合、インフレリスクに対応するため利率変動や利差配当の商品が良いです。

参照:
http://www.amazon.co.jp/dp/4334035043/
2015-11-15 : Home-Money-Investing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

MSCIコクサイとTOPIXのETFを8:2の割合のポートフォリオを組もう

ちょっと情報が古いかもしれませんが、先進国の株式を時価総額ベースで平均化したものと、ほぼ同じになります。

参照:
http://myindex.jp/data_i.php?q=MS1105USD
http://myindex.jp/data_i.php?q=TS1047JPY
http://d.hatena.ne.jp/ooolong/20071031/1193844636
2014-11-20 : Home-Money-Investing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

SBIハイブリッド預金だと楽天マネーブリッジの方が便利

証券口座で信用口座を開いていると、MRFで利息が付きません。また、MRFは経費がかかる事により、サービスを止める証券会社もあります。

それに変わるサービスとして、証券会社提携の銀行の普通預金があります。証券口座と銀行口座間のシームレスなお金のやり取りが可能で、ネット銀行の金利よりもさらに金利が高いです。

SBIグループならSBIハイブリッド預金(住信SBIネット銀行+SBI証券)、 楽天グループならマネーブリッジ(楽天銀行+楽天証券)と呼ばれています。

SBIハイブリッド預金の方が自動的に証券口座と銀行口座を移動してくれるので便利です。
2012-05-11 : Home-Money-Investing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ETFの権利落ちに関する考察

ETFの権利落ちは今まであんまり気にしたことなかったんですが、ちょうど7/5が1306の権利日(多分・・・)だったのでそれに関する考察。

今はご存知の通り日経は暴騰相場なわけですが、権利落ちの7/6になんと20ポイント近く下がったわけです。こんなだったら権利日に空売りしとけば絶対儲かるやん!

ただ実際には分配金分のプレミアムがなくなる事によるポイント下降を打ち消すだけのTOPIXの値上がりがあると意味無いですし、結局1年間のプレミアムの積み上げとイコールなわけなんで、一応教科書的にはただ飯というわけではありません。

ただ、1年間ポジションを固定されるリスクを考えると、空売りによって権利落ちによるポイント下落を抜く事は非常に魅力的です。これをいかにリスクを減らして行うかですが、考えた結果次のようになります。

日経が暴騰相場なら権利日7/5にS、暴落相場なら権利落ち7/6にL、というわけです。後は場の雰囲気を考慮してうまくポジションを組めばいいのでは。

ちなみに今年は前者だったわけですが、見事にノーポジでした。

続きを読む

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

2011-07-09 : Home-Money-Investing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

株式売買の損失の繰越控除は3年まで有効

ひとまず株式売買で利益が出ても損が出ても、e-Taxで確定申告しておきましょう。
株式売買をしている場合は確定申告で1ヶ所以上の収入の方から入力します。
2011-02-19 : Home-Money-Investing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

積み立て運用のセミナー

積み立て運用のセミナーに行ってきました。

日本は経済成長が止まり、出生率が低くなっているので社会保障の水準は下がり、税金は高くなっていくばかりです。そのため、将来年金だけでは生活できない事を見越し、自分年金を作っていく事が大切です。自分年金は年間120万位は欲しいところです。

自分年金、つまり老後で使う資産の構築は55歳までに行う必要があります。大体今の会社では55歳で管理職から外れ、65歳まで嘱託社員となるのが一般的になっています。ですので、55歳までにお金を貯め、65歳までは±0で生活し、その後年金と資産を自分年金として使用して老後を生活していく事になります。

資産の作り方ですが、株価が下がっていても淡々を買い続ければ、そこから上がれば平均取得価格が下がっているので、大きなリターンとなるという事です。そうすると買い方が非常に重要になります。原則は以下の通りです。

「買いは下げから入り、定額分割して購入する」

自分はTOPIX連動型ETFを購入していますので、とりあえず「毎年10月から4回に分けて買いを入れ、その翌年の4月にサクッと売る。その後半年は定期預金で運用する」というのでしばらくやってみようかと思います。

また、このセミナーの前日に節約系のセミナーに行ってきました。積み立ては収入の2割をまず確保、そして住宅、保険、車の固定費は3割に抑える。2割を自己啓発に使い、3割で生活するという事を守るようにしようという事でした。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

2010-12-12 : Home-Money-Investing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター