Three Major Profits を把握しておこう

以下になります。

Gross Profit:売上総利益
Operating Profit:営業利益
Net Income:純利益

なおGross Operating Profit(GOP)は、営業利益に減価償却を足し戻したものになります。

参照:
http://www.investopedia.com/articles/investing/062113/understanding-profit-metrics-gross-operating-and-net-profits.asp
http://snowyuki.exblog.jp/3555120
2015-02-16 : Work-Project-Reviewing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

会社の将来性の市場評価は時価総額でなされる

バブルとかもあるので絶対ではないですが、ある一定の判断材料にはなります。
売上高や営業利益との割合を出してみるのも面白いでしょう。

参照:
http://www.globis.jp/mw322
2014-10-01 : Work-Project-Reviewing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

質問をする際には自分の正解をまず持とう

質問をする際には「自分の正解」をまず持ちましょう。

完全である必要はありません。こういう事ではないか、こういう範囲ではないかと曖昧でも良いのです。自分はこう思う、こうしたいが、どうでしょうと、相手にYes/Noを求めましょう。

自分は何も考えず、相手に考えさせ、タダで答えを引き出そうとしている。そういう自分に都合の良い質問に答えたくないと思う人も多いからです。

自分なりの正解の提示が無い質問は、相手を疲れさせるだけです。

参照:
http://japan.zdnet.com/blog/netcommerce/2014/04/20/entry_30022679/
2014-09-12 : Work-Project-Reviewing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

組織表をアドレス帳に反映しよう

自分の会社がどういう組織構造で、どこになにができる人がいるかを抑えておく事は重要です。

組織表の情報をアドレス帳に反映させましょう。
2014-08-09 : Work-Project-Reviewing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

名刺交換したら名前だけでもメーラーに登録しておこう

名刺交換というのは実質儀礼的な側面が強く、名前とメールアドレスさえ分かれば仕事はできます。

ですので、できれば名刺交換後メーラーのアドレス帳に名前とメールアドレスまで入れられればいいのですが、まず最低限名前だけは入力しておきましょう。

メールのやりとりを受け取っていれば、後からでも検索する事でメールアドレスや何が得意か等の情報をトレースする事ができるからです。
2014-08-01 : Work-Project-Reviewing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

テスト消化/実績曲線で検証や評価状況を可視化しよう

テスト項目の消化パターンやバグの発生傾向はGompertz Curve(ゴンペルツ曲線)というS字曲線に近くなります。

ですので、検証や評価状況はこのフレームワークで可視化する事が有効です。

ただバグ発生予測に関しては、ターゲット母数の定義が不可能かつ意味が無いので、やらなくて良いです。

参照:
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1002/18/news101.html
2014-07-10 : Work-Project-Reviewing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

初対面の人との会話は3種類の質問を使い分けよう

以下です。

1.Yes/Noで終わる”クローズドクエスチョン”
2.who、when、whereを質問する“限定質問”
3.what、why、howを質問する”拡大質問”

あまり親しくない人に対しては、相手のことも考慮して、答えやすい質問のクローズドクエスチョンから質問してあげるといいでしょう。

親しくない相手だと、自由に答えられる質問は答えに迷いますし、無難に終わらせがち。まずは簡単な質問から始めましょう。

そこから徐々に選択肢が多くなる質問をすると自然と親しくなれます。

参照:
http://wooris.jp/archives/60068
2013-12-15 : Work-Project-Reviewing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

説明はこうやって聞こう

声による相槌は場合によっては意味不明なノイズになる事があります。より良い傾聴のテクニックとして、「少しオーバーな無言のうなづき」と「相手が言った単語の繰り返し」が効果的です。

それにより、共感の中にも質問のトーンを含ませることができるためです。

ちゃんとあなたの言っている事を理解してますよ、というアクションを見せ、よく分からなかった箇所のキーワードを繰り返すと、相手の説明の補足を自然に促す事が可能です。

参照:
http://lifehacker.com/make-better-conversations-by-repeating-the-other-person-1450038272
2013-11-04 : Work-Project-Reviewing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

三つの事を守ってチームメンバーから信頼されよう

仕事というのはチームで進めますが、メンバーから信頼されていないと効率が落ちてしまいます。

三つの事を守って信頼関係を築きましょう。

1.笑顔で対応し、協力的な態度で、考えて物を言う
2.小さなことでも約束を守る
3.きちんと気にかけているということを相手に示す

参照:
http://www.cafeglobe.com/2013/10/033414relationship.html
2013-10-27 : Work-Project-Reviewing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター