子育て向けのアンガーマネジメントを知っておこう

子供が相手の場合のより具体的なテクニックを知っておくのは有効です。

- 怒鳴る事は癖になり怒れば怒るほど怒りやすくなる負のスパイラルに陥る事を自覚する。
- 怒りの一時感情が何かを見つける。
- 一時感情の解決のための効果的な話し方を考える。
-> テーマを一つに絞る。
-> プロセスをどうするかにフォーカスする。
-> ほどほどのハードルを決める。
-> 自分の感情を話す

ref:
https://www.amazon.co.jp/dp/4799106015/

2017-05-27 : Work-Project-ProblemSolving : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アンガーマネジメントで怒りをエネルギーにしよう

怒りはポジティブな方向にもネガティブな方向にも働くエネルギーになります。

どうせならポジティブな方向に向くようにしましょう。そのためのテクニックとして以下の3つがあります。

- 腹式呼吸をして6秒数える
- 腹が立つ事を書き出す
- 重要で変えられる事の問題解決を考える

ref:
https://www.amazon.co.jp/dp/4534054475
2017-05-27 : Work-Project-ProblemSolving : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「それは本当にこれが必要かどうか」「もっといい方法はあるかどうか」を考えよう

一番大事なのは、自分でやってることをしっかり考えることだけです。「今何をやっている、それは何でやっているのか、それよりいい方法はないのか」を考えれば、問題は自動的に改善していきます。

そのためにはやり直しが効く範囲で失敗をどんどんしましょう。

参照:
http://logmi.jp/79281?pg=2
2015-07-30 : Work-Project-ProblemSolving : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

言い訳や犯人探しよりも問題解決を優先しよう

問題解決のための手法としてトヨタが発祥とされる「なぜ分析」ですが、実はその肝はたった2点です。

1.事実に基づく「原因」を見つける事。
2.「対策」につながるなぜを問い続ける事。

原因を、思い込みで、言い訳して片付けようとするから間違えます。また、対策を、責任と取り違え、犯人探しに邁進しようとするから嫌われます。

「人を責めるな、問うのは現場」

参照:
http://matome.naver.jp/odai/2135964485067894901
2015-03-04 : Work-Project-ProblemSolving : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

DeepMind からトライ&エラーの重要性を学ぼう

脳は何をするべきかという適切な解答を導き出すために過去の経験を再生して振り返って最適解を見つけ出すという動きの繰り返し、行動をより洗練したものにしていきます。

成功もひいてはこういったトライ&エラーを繰り返しそれを乗り越えたところにあります。ですので、失敗はちゃんと覚えておき、同じ失敗をしないようにしましょう。

参照:
http://gigazine.net/news/20141203-deepmind-demis-hassabis/
2015-02-27 : Work-Project-ProblemSolving : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

BadNewsを報告する前に自分達がどうしたいかを明確にしよう

その上で、したい事に対するOK/NGをもらう、というようにする必要があります。
2014-11-10 : Work-Project-ProblemSolving : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

問題解析をする際にはアクションとその結果から導かれる見解を組み合わせていこう

複雑な問題解析をする際は単一のアクションでいきなり根本原因までたどり着くことはできません。

ですので、まず一つのアクションの結果から導かれる見解を出し、そして複数の見解をまとめて更に精度の高い見解を出していきます。

その際に結果を比較できるようにしておく必要があるので、アクション実行のステータスは合わせておく必要があります。
2014-08-24 : Work-Project-ProblemSolving : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター