IncisiveとVCSに検証メソドロジに関する略称はこれ

現在は検証メソドロジに関してはUVMに集約されてきました。


■ Incisive
eVC(e Verification Component) :eの検証コンポーネント
eRM(e Reuse Methodology) :再利用可能なeの検証メソドロジ
URM(Universal Reuse Methodology) :再利用可能なSystemVerilogの検証メソドロジ

■ VCS
VIP(Verification IP) :Veraの検証コンポーネント
RVM(Reference Verification Methodology) :再利用可能なOpenVeraの検証メソドロジ
VMM(Verification Methodology Manual) :再利用可能なSystemVerilogの検証メソドロジ

2008-01-17 : Work-Product-Verification : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ATA

ATA/ATAPI-7の規格はドラフトでよければ以下を参照するといいかと思われます。

Technical Committee T13
D1532v1r4b-AT_Attachment_with_Packet_Interface_-_7_Volume_1.pdf
D1532v2r4b-AT_Attachment_with_Packet_Interface_-_7_Volume_2.pdf
D1532v3r4b-AT_Attachment_with_Packet_Interface_-_7_Volume_3.pdf

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

2008-01-11 : Work-Product-Spec : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター