データの川下側でフロー制御する非同期FIFOはこうしよう

データ受け渡しの川上側でフロー制御可能な非同期乗り換えならば、ハンドシェイク型のポインタ渡しで問題無いです。

ですが、川下側でフロー制御する、例えば川下側のクロックで生成したリードコマンドに対する、リードデータの非同期乗り換えは、川上側のステートマシンのシーケンスが終了後、次のコマンドを出すかどうかが決まります。

以下の例は、通常のハンドシェイクに更に1段かましたものです。

川下側は川上側の回路が完全に動作を終了してからアウトプットイネーブルがアサートされるため、データを取った後で対応するバッファに対してデータを入れる処理を行われるようになります。

注意する点としては、コマンドの先行発行段数はキューのバッファ段数と同じにする必要がある事です。

非同期FIFO2
ハンドシェイクマスター2
ハンドシェイクスレーブ2
2009-11-27 : Work-Product-Design : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

データ幅を2倍にした場合のバースト数のbit幅に注意しよう

ブリッジ等でデータ幅を2倍にした場合、奇数アドレス開始の最大バースト数は元の数/2+1になるため、最大バースト数のbit数に注意が必要です。
2009-11-25 : Work-Product-Design : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

超簡単 お金の運用術:本

著者の推奨するお金の運用方法は非常にシンプル。要点は以下の3つ。

1.当面の生活費を銀行口座に置く
2.それ以外の金融資産は4割を1306、6割をTOKで運用
3.2をあたかも普通の銀行口座として使う

これだけです。一番ネックとなるのが株価が取得価格よりも下落している場合ですが、それは仕方ないことだし、行動ファイナンス的に脳が実態以上にダメージを受けているだけなので、気にしなくていいと説いています。まぁ、ここを納得できるかどうかで運用中の精神衛生を保ているかどうかが決まってくるので、素直に従っておいた方がいいかと思います。

どうしてもリスク資産で運用するのが嫌な人は国債かMRFで運用せよと説かれています。後はその他のマネー本と似たような内容ですが、リスク資産の商品ではETF以外はまったく無価値、また自動車保険や火災保険以外の保険に関してもまったくの無価値と非常に子気味がいいです。

あと、FX等の為替はゼロサムゲームなのでやる必要無し。ましてやレバレッジをかけるなんて正気の沙汰じゃないとのことです。不動産投資も資産の値上がりが見込める or よっぽど買い叩ける物件以外はやる価値無しとされています。

この本で推奨されているのは100%インデックスですが、それでも安い時に買えればそれに越した事は無いので、その判定基準がP96に載っているので、これは参考になるかと思います。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

2009-11-22 : Home-Money-Investing : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

夏インナーはエアリズム、冬インナーはヒートテックを着る

どちらもユニクロの開発した機能性インナーです。

エアリズムの上はVネックノースリーブの白のM、下はロングボクサーブリーフの黒のLです。
ヒートテックの上はVネック9分袖の白のM、下はタイツの黒のLです。

参照:
http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/innert/men/
http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/trunksbrief/men/
http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/steteco/men/

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

2009-11-17 : Home-Lifestyle-Clothes : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

検証項目集計ExcelVBA

検証項目は、自分は以下のフォーマットで作成します。


ベクタ名 スケジュール 結果 大項目 中項目 小項目 確認内容 確認方法 備考


結果は以下のようなマクロで集計します。


Private Sub listcheck_Click()
Dim resultx As Integer '集計列X座標
Dim resulty As Integer '集計列Y座標
Dim startx As Integer 'スタート位置X座標
Dim starty As Integer 'スタート位置Y座標
Dim idx As Integer 'インデックス

Dim end_item As Integer ' 完了項目数

resultx = 4
resulty = 4
startx = 5
starty = 7

idx = starty

end_item = 0
next_item = 0

'結果走査
While Cells(idx, startx) <> "END"
If Cells(idx, startx) = "完了" Then
end_item = end_item + 1
End If

idx = idx + 1
Wend

'集計結果保存
Cells(resulty, resultx + 0) = (idx - starty)
Cells(resulty, resultx + 1) = end_item
Cells(resulty, resultx + 2) = end_item / (idx - starty) * 100

End Sub

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

2009-11-06 : Work-Win-Office/Acrobat : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

非同期FIFOはこうしよう

非同期ハンドシェイクモジュールを使用した、非同期FIFOの例です。
トリガー渡しやグレイコードポインタ渡しと異なり、どのような位相関係でも動作します。
同相クロックだと13段くらいバッファが無いとパフォーマンスが出ません。

非同期FIFO
2009-11-04 : Work-Product-Design : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター