絶対アドレス指定したポインタを2次元配列で使う(C)

普通はまず無いですが、絶対アドレス指定したポインタを1次元配列で使うには以下になります。

int *hoge = (0x77777777);
hoge[0] = 0;
fuga(&hoge[0]);

この場合ポインタは int 分アドレスをインクリメントする事で各配列のアドレスを決める事になります。

ただ2次元配列を使用する場合は、配列の各要素を移動する間にどれだけアドレスをインクリメントするかを指定してやる必要があります。

int (*hoge)[8] = (0x77777777);
hoge[0][0] = 0;
fuga(&hoge[0][0]);

上記の例では、ポインタがインクリメントされる毎に32Byteアドレスが飛ぶ事になります。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

2011-09-08 : Work-Linux-C/C++/Java : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

xargsで1個ずつ処理

xargsはgrep等の結果をパイプでつなげ、他のプログラムの引数に展開して実行してくれる非常に便利なコマンドです。

ただ、中には引数を1個しからとらないプログラムをあるわけで、その場合は各文字列毎に逐次展開する必要があります。その時は、-n 1 とすればOKです。例えば、


find . | grep hoge | xargs -n 1 ./fuga


です。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

2011-09-05 : Work-Linux-Command/Editor : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

EHCIのディスクリプターテーブル

ASYNCLISTADDRレジスタにQueue Headリストのアドレスをライトしてハードをキックします。
ハードはQueue HeadリストからqTdリストをフェッチし、パケット毎にqTdを遷移しながら転送を行なっていきます。

http://www.intel.com/technology/usb/ehcispec.htm

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

2011-09-02 : Work-Product-Verification : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

料理をせず魚・豆・野菜・海草を食べるならこれ

一人暮らし用のお手軽な食事のルーティーンです。

朝:ご飯、たまご+かつおぶし、トマト+きゅうり、豆腐、インスタント味噌汁+わかめ、味付けは醤油
昼:コンビニおにぎり2個
夜:ご飯<-ちりめん山椒、辛子高菜、ごま、しそわかめ、インスタント味噌汁

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

2011-09-01 : Home-Lifestyle-Cooking : コメント : 1 : トラックバック : 1
Pagetop
ホーム

プロフィール

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター