アンバランスサイズメモリ

CS切り替えの複数ダイメモリでは、まずダイ毎のサイズが異なるアンバランスダイがどうかの確認が必要になります。アドレスをリニアにするためには、普通大きい方のダイを最初のCSに割り当てる必要があります。

後は、ダイ毎にどんなアドレスbit数になっているかを確認する必要があります。通常はアンバランスダイでもROWアドレスのbit数が異なる場合は特に問題無いですが、BANKやCOLアドレスが異なる場合はアドレスマップが歯抜けになってしまいます。

それを対応するためには、CS毎にROW,BANK,COLのアドレスアサインを変更可能にしておく必要があります。

テーマ : システム開発
ジャンル : コンピュータ

2013-11-08 : Work-Product-IP/DFT/Layout : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター