Dynamic IR Drop の方針を決めておこう

基本的には Scan Shift パターンを利用しますので、FF動作率を決めましょう。

測定結果の Drop Ratio のクライテリアも決め、クライテリアの違反箇所はタイミングマージンを大目に確保しましょう。

Scan Shift パターン以外に代表的なユーザーパターンをピックアップしてScan の動作率と比較し、もしもユーザーパターンの動作率の方が高い場合は、その部分だけ特別対応しましょう。
2014-07-15 : Work-Product-MAC/DFT/Layout : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター