ランダム要素のある現象より確実に起こる現象にフォーカスしよう

原因究明な困難な問題をハンドリングする場合、ランダム要素のある取扱いが難しい方に対していろいろなアプローチで頑張るより、スタティックに確実に起きる仕様と評価結果の齟齬の方を第一優先で掘り下げた方が効率が良いです。
2014-08-07 : Work-Project-ProblemSolving : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター