問題解析をする際にはアクションとその結果から導かれる見解を組み合わせていこう

複雑な問題解析をする際は単一のアクションでいきなり根本原因までたどり着くことはできません。

ですので、まず一つのアクションの結果から導かれる見解を出し、そして複数の見解をまとめて更に精度の高い見解を出していきます。

その際に結果を比較できるようにしておく必要があるので、アクション実行のステータスは合わせておく必要があります。
2014-08-24 : Work-Project-ProblemSolving : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター