非同期不具合の原因パターンを把握しておこう

大きく分けて3パターンあります。

1.そもそもの非同期設計ミス(FF出しFF2段受けをしていない、サンプリング定理を守っていない)による不具合
2.非同期乗り換えのメタステーブルによるシミュレーションと実機の動作が変わる事の認識漏れによる不具合
3.非同期リコンバージェンス箇所の見落としによる不具合

1.はそもそも論外として、2.は多ビットデータりタイミングは論外として、よくやるのが非同期FIFOでタイミング決め打ちをして設計をしたケースが挙げられます。3.は2.の組み合わせでより見落としがちなケースとなります。
2014-10-28 : Work-Product-Design : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター