信頼性試験前にESD/EM評価が必要

±CDM250V、HBM±500V以上、というのが推奨されます。
ただプロセスの微細化と共に数値としては低くなる傾向があるので、製品組み上げとしての対策も工夫が必要です。
2014-10-29 : Work-Product-Evaluation/MP : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター