自前の「商品」を持とう

自前の商品を持つというのは、直接マーケットと取引ができ、自分達の値段を決められるという大きなメリットがあります。

商品を作れるデザイナー=プロジェクトリーダーになりましょう。

・デザイナーというと一般的には単にスタイリストの人であるが、予算取って来て人を集めてスケジュール決めて、商品を作るのが本来の仕事のやり方。
・毎日100個デザインする、仕事が来てからアイデアを作ろうとしても駄目。
・たくさん絵を書いて客観的にアイデアを見る。
・1番いいものを選んで残りは次に使う。
・下請にならない、そのためにマネのできない優れたものを作る。
・海外規格に対応して世界に売る。
・自分達の商品を持っていて、社長が直接海外に出ていく、そうすると市場から直接フィードバックが得られるので、何が売れて何が売れないのかが分かってどんどん新しいものにチャレンジしていく。
・日本の中小企業は大企業の傘下に入って購買の担当者とだけやりとりする、見積もり3つ取って1番安いところを選ぶっていう中では新しいものは生まれない。
・デザインは仲良しクラブでは駄目で、客観的な意見が必ず必要。

参照:
http://systemincome.com/main/kakugen/tag/奥山清行

2008-06-25 : Work-Product-Customer : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター