CoreSight Components を把握しておこう。

DAP の中には外部I/Fと内部Masterがあります。
外部I/FはSWJ-DPで、JTAG-DPとSW-DPを選択して使います。
内部MasterはAHB-AP等を選択して使います。

// DAP Structure
- Debug Port
-- SWJ-DP
--- JTAG-DP
--- SW-DP
- Access Port
-- AHB-AP
...

レジスタは2種類あり、DP制御用とAP制御用があります。
他のDdegub Components (ITM/DWT/FPB/SCS/TPIU/ETM)にはAPACCに内部バスアドレス(0xE0000000~)とデータを指定してアクセスします。

// DAP Register
- DPACC
- APACC

レジスタの詳細はそれぞれのコアのTRMを参照する必要があります。

参照:
https://www.silabs.com/Support%20Documents/TechnicalDocs/AN0062.pdf
http://www.pjrc.com/teensy/beta/DDI0403D_arm_architecture_v7m_reference_manual.pdf
2016-06-23 : Work-Product-Design : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター