IcarusVerilogとGTKWave

家でRTLのデバッグ等をする際の、フリーのHDLシミュレーション環境構築についてまとめておきます。とは言っても、最低限シミュレーターと波形ビューワーがあればOKです。

■ シミュレーター(IcarusVerilog)

・ダウンロード
http://www.icarus.com/eda/verilog/

・インストール
rpmbuild --rebuild verilog-0.8.6-0.src.rpm
rpm -Uvh /usr/src/redhat/RPMS/i386/verilog-0.8.6-0.i386.rpm
rpm -Uvh /usr/src/redhat/RPMS/i386/verilog-debuginfo-0.8.6-0.i386.rpm

・波形ダンプ
$dumpfile("test.vcd");
$dumpvars(0, test_top);

・実行
iverilog test.v -o simv
./simv

■ 波形ビューワー(GTKWave)

・ダウンロード
http://home.nc.rr.com/gtkwave/

・インストール
cd /usr/src
tar -xvf gtkwave-3.1.13.tar.gz
./configure
make
make install

・実行
gtkwave test.vcd

テーマ : システム開発
ジャンル : コンピュータ

2008-09-21 : Work-Product-Verification : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター