C++のファイルIO

Cの文法の範囲で使用可能なfopen()を使用するのもいいのですが、せっかくC++が使えるので、fstreamを使用してみましょう。


#include <string>
#include <iostream>
#include <fstream>
using namespace std;

int main()
{
const long max_buf_size = 1000; // バッファの最大文字数

string infname; // 入力ファイル名
string outfname; // 出力ファイル名
ifstream inf; // 入力ファイルハンドル
ofstream outf; // 出力ファイルハンドル
char buf[max_buf_size]; // 入力ファイルの1行バッファ

// 入出力ファイル名設定
infname = "input.txt";
outfname = "output.txt";

// 入出力ファイルオープン
inf.open(infname.c_str());
if (!inf) { cout << "Error: cannot open file(" << infname << ")" << endl; return 1; }
outf.open(outfname.c_str());
if (!outf) { cout << "Error: cannot open file(" << outfname << ")" << endl; return 1; }

// ファイル読み込みと書き込み
while (inf.getline(buf, max_buf_size))
{
outf << buf << endl;
}

// 入出力ファイルクローズ
inf.close();
outf.close();

return 0;
}

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

2007-08-15 : Work-Linux-C/C++/Java : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター