精神疾患になりやすい人

大田総理の番組でやってたんですが、現在日本には精神疾患にかかっている人は600万人程いるそうです。

企業でもストレス耐性が高い人が好まれています。

まず前提として認識すべき事は、精神疾患というのは根性とかに関係無く、誰しもかかる可能性のあるれっきとした病気であり、変な偏見を持たない事です。精神疾患にかかったかな、と思ったら、恥ずかしがらずに病院に行くべきです。

とはいえ、ストレスというのは無くせないわけで、やはりストレス耐性を強くする努力も一方でしなければなりません。何でもいいのですが、一度やり始めた事は少々嫌な事があってもある程度結果が出るまでは継続・努力をする、その事がストレス耐性を高め、ひいては生きていく力を形作っていくと確信しています。

一方、精神疾患になりやすい人というのはある特徴があります。まず繊細な人がなりやすいです。あと、わがままな人もなりやすいです。それは、自分の中の理想と現実のギャップが激しく、それが原因で精神が参ってしまうわけです。それを緩和するのは、「人間誰しもいつかは死ぬんだから、アバウトでいいじゃん」という考えです。

ちなみに自分は大丈夫かな?とかも思ってます。今までそれなりに修羅場を乗り越えてきましたし、表面上は完璧主義ですが、一番心の奥底は自己肯定感が非常に強い、つまり「オレ様」キャラだからです。

まぁ、疲れた時はあまり深く考えず、腹いっぱい食べてさっさと寝るのが一番です。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

2009-10-12 : Home-Lifestyle-Family : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター