嫌な事は思い出さないようにしよう

なぜ過度のストレスが悪いか簡単にいうと、人間は強いストレスを受けるとそれに対抗するために脳が自我を離れて発汗等の作用を及ぼします。ただ、この状態は余計なところに力がかかっているということになるため、仕事をするにはマイナスになります。スポーツでも、体がガチガチだといい結果は出ません。体が8割くらいに暖まっているぐらいが丁度いいのです。

ストレスを軽減させる方法はいろいろありますが、1つ効果的なものを紹介します。日々の生活で、やってても将来的にあまり役に立ちそうに無い事を思い切って止めてみる事です。そうすれば、それに費やしていたリソースが他に回ることになり、今までとは違う新しい発見があるかもしれません。コンサルは「NOT TO DO」とも言いますね。

その「NOT TO DO」で、今すぐできる事を紹介します。それは、嫌な事を忘れるという事です。もちろん失敗に対する振り返りはちゃんと理性を使ってちゃんとした事実に元づいて行う必要があります。それはそれでやるとして、普段嫌な事を思い出して怒ったりするのは明らかにエネルギーの無駄遣いです。そのような事が脳に起こったら、意識してその思考を止めてしまうことです。慣れると簡単にできる様になります。そうすれば、今まで脳が余計な事に使っていたエネルギーを別の事に使えるようになるので、その時には気づかなかった新しい発見があるかもしれません。

参照:
http://www.amazon.co.jp/dp/4569774970
2010-04-04 : Home-Lifestyle-Health : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター