子どもにお手伝いをする習慣をつけさせるアイディア5つ

家事を分担するためにもここに挙げられているテクニックは使えると思います。

http://news.ameba.jp/20130722-639/

1)子どもと一緒に考える
お手伝いの内容は、親が一方的に決めず、子どもと話し合って決めましょう。
親が、いくつかやって欲しいお手伝いの候補を出し、その中から子どもに選んでもらう方法がオススメです。子どもが自分で決めたお手伝いをすることで、達成感を味わうことが出来ます。

(2)好きなシールを用意する
子どもが好きなキャラクターのシールなどを用意してあげて、「お手伝いをしたらシールを貼る」という約束をすることで、シールを貼ることを楽しみにお手伝いが継続しやすくなります。
また、どんどん増えていくシールを見ることで、コツコツ積み重ねていくことの大切さを感覚的に理解することが出来ます。

(3)メリットを共有する
子どもがしてくれるお手伝いによって、どんなメリットがもたらされたかを具体的に伝え、その心地よさを共有しましょう。
例えば、掃除であれば、「◯◯ちゃんがお部屋をキレイにしてくれたから気持ちいいね」、ご飯の用意をしてくれたら、「◯◯ちゃんが切ってくれた野菜は美味しいね」など、自分がやったことが役に立っているということを自覚させてあげましょう。

(4)小さなご褒美を用意する
夏休みの間、毎日お手伝いが出来た時のご褒美を用意してあげましょう。
大きなことでなく、例えば……
・家族で外食に行く
・一緒にケーキを作る
・公園で好きな遊びに付き合ってあげる
など、身近なことで夏の思い出作りにもつながるようなご褒美が良いと思います。

(5)感謝の気持ちを伝える
誰でも、何かをやった時に、相手が喜んでくれたら嬉しいものです。それは子どもも同じ。お手伝いをはじめた頃は意識して伝えていても、段々慣れてくると、親も、「普通のこと」「やって当然」と思ってしまいがちです。そうなると、子どものモチベーションは下がってしまいます。
お手伝いをしてくれた時には、心からの「ありがとう」を伝えましょう。親が率先して「ありがとう」を伝えると、子どもも、自分から「ありがとう」と言える子どもになります。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

2013-07-24 : Home-Lifestyle-Family : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター