IPの動作確認の仕方はこう考えよう

特にHard Macroに関して、基本的には汎用IPはSilicon Report(シリコンレポート) を確認、カスタムIPはTEGを評価してスペックを抑える事になります。

ただ実機での機能評価で問題がある場合には、IP評価を実施する必要があります。
2013-10-23 : Work-Product-MAC/DFT/Layout : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター