ModelSimのコマンドライン実行方法

ModelSimは元々GUIベースで使用される事が多いですが、
VCSに慣れるとかえって使いにくい部分もあります。

GUIを使わずにCUIベースでModelSimを使う例を紹介します。
-pliオプションを使用すれば、wlf以外の波形ファイルでもダンプ可能です。


vlib work
vlog テストトップ \
-f ファイルリスト \
+incdir+… \
-R \ # DUTコンパイル→シミュレーション実行
-c \ # コマンドライン
-l ログファイル \
-wlf 波形ファイル \
-novopt \ # 波形ダンプを行う
-do "add wave /DUTパス -recursive; run -all; quit;"

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

2008-02-29 : Work-Product-Verification : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

zive

Author:zive
大阪在住、男

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2カウンター